なぜ花粉症を発症してしまうのか大人ばかりが?

スポンサーリンク

花粉症は大人の病気なのでしょうか?

どこを見渡してもくしゃみ、鼻水、鼻づまり、涙目に
目のかゆみに苦しんでいるのは大人ばかりのように
思えてなりません。

しかし、そうとも言えそうにない花粉症が発症する
「しくみ」を調べてみました。

花粉症検査

そこから見えてくるのは、子供にも増えてきている
花粉症の現実。

今は発症する兆候がなくても・・・

発症する「しくみ」を知ることで予防することも
可能ではないかと思えます。

発症のしくみ

外国人女性89

花粉症は体内に入った花粉にリンパ球が反応し抗体
(IgE抗体)をつくり、肥満細胞の表面に付着するの
ですが、度々花粉が体内に入ることでIgE抗体が
肥満細胞と結合し、ヒスタミンなどの化学物質を分泌
することで、鼻の三大症状や目の症状が出るわけです。

IgE抗体はアレルギー体質の方がつくりやすいようで、
この体質が大きく関係しているとのことです。

また、スギ花粉を例にこの花粉にIgE抗体が花粉症を
発症させるまでに約20~30年の間、産生される
量が必要になると説明されています。

このことから「花粉症を発症するのは大人ばかり」と
思われる方が多いのではないでしょうか?

花粉症は抗体がつくられ蓄積される量次第で!

ウイルスとマスク2

花粉症の場合、発症に至るまでにIgE抗体が蓄積され
限界と言うべき量を超すことでおきる病気ということ
です。

花粉を多く吸い込んだり体に付着することで、当然
発症する時期も早まるということが言えると思います。

また、先ほど記述したことですが、アレルギー体質の
方ほどIgE抗体を産生しやすいということもあります
ので注意する必要があると思います。

このことから「花粉症は、花粉を多く体内に入れば
子供でも発症し、アレルギー体質の方は早く発症を
しやすい」ということになるのではないでしょうか。

花粉を寄せ付けないこと

空気清浄

すでに花粉症の方もそうですが、花粉の付着や体内に
入り込ませないような対処をすることが大切です。

口・鼻・目からの侵入や、衣類への付着、頭は帽子や
首や胸元はスカーフなどで付着の防止を心掛けるなど、
工夫をし花粉との接触を極力避けることです。

アレルギー症状を起こさない食生活と環境

ストレスブルー02

花粉症はアレルギー体質の方に発症しやすいこと
から、食生活や環境を見直し予防対策をたてて
改善をしていくことが大切です。

例えばアレルギーによいと言われる食品の摂取を
心掛ける。

乳酸菌や魚、お茶などがよいとされています。

また、ストレスの緩和も免疫力の向上に効果が
あるそうですので、ストレスをためない生活を
心掛け、睡眠はしっかり取ることが大切です。

環境では、ダニやカビによるアレルギーなど、
花粉症を発症させることにつながるので、室内
を清潔に保ち風通しに注意を払うこともお忘れ
なく。

アレルギー対策をすることで、花粉症の発症を
防ぐことや、遅らせることも可能になりますので
お取組みください。

スポンサーリンク

2016-02-14 なぜ花粉症を発症してしまうのか大人ばかりが? はコメントを受け付けていません。 病気のあれこれ