花粉症の時期や基礎知識2016発症した時役立ちます

スポンサーリンク

2016年の花粉症いつ頃から?と時期を毎年気にされる
方が多くなるのが2月、本当にびっくりです。

年々多くの方が発症するこの時期、風邪かなっと思って
いたら花粉症だったという方も、そこで基礎知識を含め
調べてみましたのでご参考に。

知っていれば、風邪と間違えたり対策も速やかにうて
ますから!

それだけでも大きく違ってくると思います。

花粉症に悩まされる時期

杉花粉

悩まされる時期=花粉症を発症する時期とも言えます。

2016年、年も変わった1月には花粉は飛び出している
そうですが、飛散量はまだ少量のようです。

しかし、敏感な方にとっては・・・辛い時期に突入です!

では、花粉症の原因となる代表的な「スギ」「ヒノキ」の
飛散期は下の通りです。

杉
(地域の気候が違うので飛散期は約1ヶ月程度の違いがでます)

スギ(スギ科)

  • 関東以西九州:1月~5月ピークは3月、前後少量。
    ※10月~翌年の1月へ続き飛散量は少ない。
  • 東北    :上記関東に比べ約1ヶ月程度遅れる。
  • 北海道・沖縄:スギはほぼ存在していない。

ヒノキ(ヒノキ科)

  • 北海道:4月~5月 4月後半にピーク
  • 東北 :北海道に比約1ヶ月程度早く、3月~5月
    ピークは4月
  • 関東 :1月~6月ピークは3月
  • 関西 :2月~5月ピークは4月
  • 九州 :3月~6月ピークは3月

このように、1年を通し花粉の飛散は量の多い少ないを
問わなければ、数ヶ月しか飛散しない期間がないという
ことになります。

花粉症の基礎知識

鼻を押さえる女性

現在、4人に1人は花粉症という状況です。

花粉症とは

スギやヒノキの花粉によって(原因)くしゃみ・鼻水・
鼻づまりや目のかゆみなどのアレルギー症状を起こす
ことです。
(季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています)

鼻の三大症状(くしゃみ・鼻水・鼻づまり)の他、目の
かゆみ・涙目・充血、喉のかゆみなどの症状が現れます。

症状が重くなると全身に症状がでることもあり、微熱や
倦怠感となって表れます。

原因は免疫の過剰な反応から

原因は花粉が体内に入ることで、排除しようとする身体の
働き(免疫)をはじめるのですが、過剰に反応をおこすこと
があり花粉症の症状が現れます。

花粉症がでる時期=発症する時期

花粉症の発症時期は風邪にかかりやすい時期にも被ります。

基本的には花粉が飛散する時期で、厳密に言えばほぼ年中に
なりますが、飛散量が多くなりだす2月~5月頃です。

また、2月~5月頃の前後の月も注意が必要と思います。

風邪と花粉症を取り違えないために

血液検査

風邪を引き鼻の三大症状、くしゃみや鼻水、鼻づまりはごく
普通のことですが、花粉症の症状と被ります。

では花粉症の鼻の三大症状と、どう違うのか?

花粉症の場合

  • くしゃみ:連発するが如く終わりがないかと思うほど
    続くが風邪の時は、これほど続きません。
  • 鼻水  :濁った鼻水ではでなく水のよう、風邪なら
    黄鼻のように濁ったネバネバ鼻水に!
  • 鼻づまり:鼻が両方つまります!ひどいと息ができない
    ことも、風邪ではここまで酷くなりません。

目のかゆみや涙目、充血なども判断の材料にすれば
良いと思います。

最終的には病院での診断を受けることをおすすめ
しますが、早期であれば今後出る症状を軽くする
こともできるようです。

おかしいなと思ったら迷わず病院で検査を受けた
うえで早期の処置を!

もう少し花粉症について掘り起こした記事を書いて
いきますのでお待ちくださいませ ^ ^!

スポンサーリンク

2016-02-12 花粉症の時期や基礎知識2016発症した時役立ちます はコメントを受け付けていません。 病気のあれこれ