還付申告で医療費控除を受ける条件と方法

スポンサーリンク

1年間に医療費をいくら支払いましたか?

条件がありますが、還付申告をすれば所得から控除して
もらえることをご存じですか?

1年間に支払った医療費、10万円以上という方であれば
還付してもらえるということですので条件と方法を調べて
みました。

医療費控除に関する条件と対象

制度

医療費控除には、ご本人と生計を共にする家族も含まれ
ますので、総合計で10万円以上ということです。

対象は医療機関での医療費や入院費、お薬代、そして、
治療を目的にしたマッサージも含まれます。

通院のため利用した交通費(電車・バス)

以上が医療費控除の対象になります。

医療費がかさんでしまっている方で上記の条件に、あて
はまるのであれば医療費控除をお受けください。

※健康診断や人間ドッグ予防接種などは対象外になり
ますが、判断しにくい場合は税務署員にお尋ねいた
だければよいと思います。

医療費控除の計算は総所得額で違う?

医療費

まず、源泉徴収票で総所得額が200万円以上か
200万円未満か確認いただく必要があります。

200万円以上は
1年間の医療費-保険金の受け取り金額-10万円が
医療費控除の金額

200万円未満は
1年間の医療費-保険金の受け取り金額-総所得額の
5%が医療費控除の金額

※保険金の受け取り金額は入院給付金などの保険金

医療費控除(還付申告)の期間と期限

医療費控除の確定申告対象期間は前年(1/1~12/31)の
1年間です。

医療費控除が申告できる期限は5年間です。

※この場合期限は5年間ですが、申告からではありません
のでご注意ください。例でご説明しますが、今ならば
2016年の申告なので2015年から遡ると2011年1月1日
になります。

医療費控除(還付申告)に必要な書類

確定申告 記入する人

  • 税務署でもらえる確定申告書(給与所得者用)に必要事項を
    記入したもの
  • 税務署でもらえる医療費明細書に医療費を記入したもの
  • 源泉徴収票(総所得額の証明)
  • 領収書や証明書(医療費・お薬代)
  • 交通費を記録した控え(通院に利用した電車やバスの運賃)
  • 還付金を振り込んでもらうための銀行口座の情報(通帳・印鑑)

以上を用意して税務署で申告いただくことになります。

スポンサーリンク

2016-02-03 還付申告で医療費控除を受ける条件と方法 はコメントを受け付けていません。 健康と暮らし