昔ながらのお見合い 流れとマナー

スポンサーリンク

お見合いも今は結婚相談所に依頼したり、
婚活に代表されるパーティー形式と変化
しています。

よい縁を見つけるためにも、お見合いは
結婚のお相手を探す合理的な探し方では
ないでしょうか。

昔ながらのお見合いのマナーや流れを知る
ことで、最良のお相手との縁を持つことも。



お見合いはお互いのことを知らない二人が、
結婚が前提で世話人や主催企業により紹介
されます。

よい点は結婚を考えているお相手と知り合え、
お相手のことを事前に理解したうえでお会い
するかを決めれることです。

避けては通れないお互いのこと考え方など、
気にいったお相手の方との今後の交際など
につなげるための機会です。

結婚へ向けての流れを進展させるためにも
マナーは、お互いや両家にとって大切です。

基本的なお見合いの流れ、マナーを知って
いればお見合いパーティーなどにおいても、
お相手にも失礼なくスムーズに対処できる
のではないでしょうか。

お見合いは縁談の依頼から



お見合いは世話人を介して縁談の依頼をする
ことからはじまります。

現在、お見合いには大別して2つのパターンが
あります。

同じお見合いでも、伝統的なものと現代風の
あまり堅苦しくないお見合いもあります。

昔ながらお見合いは伝統的なルールやマナーが
ありますが、現代風の堅苦しくないお見合いも
やはり、ルールやマナーが各主催企業によって
設けられています。

そのためにも、昔ながらのお見合いのマナーは
知識としても知っておくことが大切です。

身近な人 信頼できる知人(昔ながらのお見合い)

身近な人、知人や恩師、親戚や職場上司などに
世話人になってもらいお見合いする、昔ながら
伝統的なパターン。

結婚相談所やお見合いパーティー

全国的な規模もある、お見合いでご縁を取り持つ
結婚相談所。

堅苦しいお見合いは避けたい方や、結婚を前提に
知り合うきっかけが欲しい方が集う場がお見合い
パーティーです。

お見合いに用意するもの



お見合い相手にご自身のことを知ってもらう、
アピールすることも必要です。

まずは、お見合い相手のことや希望の条件を
知らせ、お見合いを受けるか判断するためにも
必要な貴方貴女の資料の用意は不可欠です。

お見合いに用意する書類は、自筆が基本です
ので字が下手でもPCなど使わず、丁寧に書く
ことが大切です。

お見合い写真

お見合い写真は大変重要です。

貴男貴女の人柄のすべてをこの1枚の写真で、
判断されると考えておくべきと思います。

そういう意味でもお見合い写真などを専門に
手がけるスタジオで準備されるべきです。

その他、自身を知ってもらえるようなとって
おきの写真を添えると、いっそうよいと思い
ます。

日頃の服装や趣味を知ってもらえることでも、
親近感をもって見てもらえるチャンスです。

身上書(釣書)



履歴書と言うこともありますが、就職ではない
ので、履歴書に書くのではなく便箋に自筆で
書くのが基本です。(縦書き便箋使用、漢数字使用)

  • 身上書と記入
    氏名
    生年月日
  • 本籍地
    現住所
  • 学歴と記入
    卒業年月(最終学歴の一つ前から 大卒なら高校卒業から)
  • 職歴と記入
    現在勤務している社名、部署や入社年月
  • 資格と記入
    普通自動車運転免許など。
  • 趣味と記入
    映画鑑賞などと趣味を記入。
    健康状態
    良好などと記入。
  • 家族書と記入
    父 氏名
    〇〇年生 勤務先(会社名)勤務
    母 氏名
    〇〇年生 勤務先(会社名)勤務
    弟 氏名
    〇〇年生 勤務先(会社名)勤務

同居の家族と続き柄を記載しますが、お見合い
する本人の兄弟姉妹は記入。

縁談が持ち込まれたら

世話人から縁談が来たらお相手の釣書やお写真を
しっかり拝見して、気になるところや疑問などが
あれば世話人の方へ確認することです。

これは失礼にはあたりません。

お相手を気にいるいらないは、本人の意思です。

ただし、お見合いのお返事は1週間程度と、お考え
ください。

昔ながらのお見合い

昔ながらのお見合いであれば、よくお世話ずきの
世話人の方から持ち込まれるケースがあると思い
ます。

この場合、結婚の意思がなければお見合い写真や
釣書を受け取る前にお断りするのが望ましいこと
です。

結婚相談所やお見合いパーティー

各結婚相談所やお見合いパーティーは、主催企業に
よってルールやマナーが設けられているので、内容を
守りお見合いを受ける受けないのお返事を。

お見合いの席の服装や場所は



いざお見合いとなれば、当日の服装やお見合い場所の
選択となります。

当日の服装

よい印象をお相手にもっていただけるよう、配慮する
ことが必要です。

まずは、派手な印象をもたれないよう、装飾品などに
注意してください。

洋装

  • 肌の露出が過度なものは避け清楚な印象の服装。
  • 装飾品もできるだけ少なくし派手にならない。
  • 靴は手入れの行き届いたもの。
  • 派手なマニュキュアは洋装、和装でも避ける。

和装

  • お見合い当日の天候を考え、ホテルなど着付けを手配。
  • 和装の場合、装飾品はできるだけつけない。
  • 派手なマニュキュアは洋装、和装でも避ける。

お見合い場所

お見合いの場所は、ホテルやレストラン、世話人様の
自宅が一般的です。

ホテルであれば着付けもできるところもあるので便利
です。

女性の場合はお見合いは和装でとお考えの方もおいで
ですね。

世話人の方には早い目にお伝えしておくとよいと思い
ます。

また、お見合いの席は正座は避け椅子席でという方も
おいでになりますので早い目にお伝えください。

なお最近ではお見合いでの食事よりお茶(ティータイム)
でという方も増えているそうです。

お見合い緊張したものでなく、少しリラックスした中で
進める意味でもよいと、世話人様とよく相談されること
です。

お見合いの席のマナー



お見合い当日は余裕をもって迎えたいものです。

お見合いの席ともなると予約されているのは勿論、変更は
できません。

そのためにも基本的なお見合いのマナーは十分に理解して
おきたいものです。

お見合い当日のマナー

  • 予定の時間より早めの到着のうえ身だしなみの
    チェック。
  • 少なくともお見合いをはじめる10~15分前に席につけるよう、
    また世話人様へのご挨拶も済ましておく。
  • 世話人様によって進行されるので、指示されれた通りに
    従う。
  • 食事の場合は途中なるべく席を立たないようにする。

当日、突発的な事情などで遅れる場合は連絡を少し
でも早く入れることが必要です。

一般的なお見合いの流れ

  • 世話人様はお見合いの席へは一番早く到着し、お二人を
    お迎えしてくださいます。
  • 先に到着し着席している場合は、お相手の方が来られた
    時には立ってお迎えする。
  • 世話人様からお二人、個々に紹介されますのでご当人は
    会釈ではなくご自身で、お名前を名乗りご挨拶をする。
  • 歓談については、世話人様が間に入って進めてくれます。
    (ご両家)
  • お二人の歓談は進み具合を見計らって世話人様が、ご両家
    ご両親様と退席することで話す機会を作られます。
  • お見合いが終わったらご挨拶をお忘れなく。

お見合いの世話人様に

お見合いを終えれば、あとはお返事となりますがお見合の
お礼を早い目に入れることを、電話でもよいですがお伺いし
お礼をするのが一般的です。

また、この時にお返事をされる方もおいでになります。

お返事は少なくとも1週間ぐらいのうちにすることが、
マナーにかなっています。

まとめ

基本的なお見合いの流れを知り
結婚相談所やお見合いパーティ、知人に依頼して
など、お見合いにも色々なスタイルがあります。

基本的なお見合いの流れを知ることで世話人様や、
お相手の方へのマナーを守り、よいご縁を持てる
ようにしていただきたいと思います。

結婚相談所やお見合いパーティーでも、ルールや
マナーを統一しているそうです。

どのような流れでお見合いをすることになっても、
ルールやマナーは大切です。

ルールやマナーを知りお見合いを成功させ、よき
伴侶を見つけていただければと願います。

スポンサーリンク

2018-03-20 昔ながらのお見合い 流れとマナー はコメントを受け付けていません。 マナー 冠婚葬祭の婚