赤ちゃんのお祝い行事 お七夜から初節句に初誕生

スポンサーリンク

赤ちゃんの誕生から1年はお祝いの行事が
続きます。

お七夜にはじまり、お宮参り、お食初め、
初節句、そして初誕生と日々成長している
我が子のお祝い行事です。



赤ちゃんがこの世に生を受け1年は初めての
お祝いごとばかりです。

健やかなお子様の成長を願い、家族や身内を
交えお祝いしたい行事がありす。

生後1年間のお祝い事は、親にとり大変印象深く
記憶に残るお祝いごとになると思います。

ここでは誕生から1年の間の行事は、ぜひとも
赤ちゃんや身内の方と祝っていただきと思い
ます。

きっと、祖父母や身内の方にも良き思い出と
子や孫、甥姪の健やかな成長を願う暖かな
気持ちで和めると思います。

お七夜



お七夜とは生まれた赤ちゃんの命名式で、親、
親族に生後7日目に命名し健やかな成長と無病
息災を願うお祝いです。

このお七夜に一生を共にする名前を授け、親族
身内にお披露目するのがこのお祝いです。

命名式

半紙に名付けた名前を墨で書き、部屋に貼って
招いた親族と祝いの宴(食事)を開くのが一般的
です。

お七夜をすませ出生届

お七夜で命名をしてあげたら出生の届出を。

出生届は生後14日以内に、出生地もしくは本籍地
(赤ちゃんの両親)の市町村区の役所に届出を。

必要書類:出生証明書・母子手帳・保険証・印鑑

お宮参り



生まれて1ヶ月の赤ちゃんを連れ、氏神様に無病
息災を祈願するのがお宮参りです。

お宮参りは生後31日、32日、33日と地域によって
色々言われていますが、特にこだわらなくてよい
と思います。

特に何日目に行かなけれればいけないと、決まって
いません。

大事なのは赤ちゃんやお母さんの体調に注意して、
天候のよい日に祈願に行かれることです。

ちなみに、お宮参りは正式にはお父さん方の祖母が
抱っこして参拝します。

お母さんは産後のこともありお宮参りには行きません。

現在はお母さん方の祖母祖父と両家揃ってのお宮参りが
一般的なようです。

参拝が終わった後はお祝いの会食、またお食い初めを
兼ねることもあるそうです。

地方など親族が簡単に集まれないなどの事情もあるよう
です。

男の子

お宮参りは男の子は31日目と言われておりますが、
地域によっても違いがあるようです。

お宮参りは28日から30日頃と大雑把に言われる方も
おいでになり、男の子32日、女の子33日と言われる
ことからもわかるように、母子の健康状態によって
日程を決めればどうでしょうか?

関西では昔からの習慣でお宮参りの節は、男の子は
額に紅(朱)で大の字を(指)書いてお宮参りをします。

厄除けの意味で関西ではよく見かける光景です。

女の子

生後32日、33日が一般的ですが地域によって違いが、
ありますので地域のならわしに従えば。

ただし、母子の健康状態で祈願の日程を決めるのが
一番です。

男の子で伝えたように女の子は額に紅(朱)で小の字を
書かれております。

お宮参りの初穂料や赤ちゃんの衣装は?

このお宮参りは氏神様へ赤ちゃんを紹介する、誕生を
報告することが一番ですので、離れた有名神社にでは
なく居住地の氏神様にお参りするのが大事です。

事前に氏神様のおいでになる神社へ祈願の予約などを
調べてご参拝ください。

初穂料は5,000円~10,000円が一般的ですので、神社で
確認ください。

衣装については、母方の実家から贈られのが一般的
です。

現在ではレンタルをされる方も多く調べるてみるのも
よいと思います。

参考に購入に適したセットやレンタルの衣装サイトを
ご紹介しておきます。
セット衣装 レンタル衣装

お食初め



このお祝いは、お祝いされる赤ちゃんが生涯食べる物に
困ることがないようにと祈願するお祝いです。

生後100日目のお祝い

赤ちゃんにお食い初めのお膳を準備し、鯛のお頭付き、
お赤飯、お汁、煮物、香の物、紅白餅そして歯固めの石
が一般的なメニューです。

お食い初めは生後100日目に祝うですが、歯が丈夫にと
願いを込めて神社(氏神様)で拾った石を歯固めの石と
して膳に添えます。

丁度、この頃から離乳食をはじめる時期にもなり、お食い
初めでは食べさせる真似ごと、用意した食事を箸で口に
運び口につけ食べる真似をします。

また、この頃に赤ちゃんのお椀や箸などを購入(新調)
する方が多いようです。

お食い初めは「百日(ももか)の祝い」とも言われています。

初節句



初節句は桃の節句(女の子)、端午の節句(男の子)を生後
はじめて迎える赤ちゃんのお祝いです。

健やかな成長を願うお祝い事です。

赤ちゃんの誕生日により節句がすぐに来る場合もあるので、
その場合は翌年の節句でも問題はありません。

もちろん、赤ちゃんの体調により翌年に初節句のお祝いを
してもよいと思います。

男の子

男の子の初誕生端午の節句5月5日、こいのぼりや武者人形を
飾り、ちまきや柏餅でお祝いします。

初節句のお参りはお宮参りと同様、氏神様へ初穂料を包み
予約がいるかなど事前に確認されておかれることをおすすめ
します。

初節句のお宮参りでの初穂料は、3,000円~5,000円と言われ
ますが、5,000円位と考えておくほうがよいと思います。

尚、昔は各家庭で初節句を祝い神社で祈願することはあまり
なかったようです。

現在では健やかな成長を願う気持ちから、神社で祈願される
ご家庭が大半のようです。

女の子

女の子の初節句は桃の節句、3月3日の雛祭りにお雛様を飾り
白酒、ちらし寿司やはまぐりのお吸い物の膳とひしもちや、
ひなあられで祝います。

男の子同様、氏神様へお宮参りし祈願します。

初誕生



初誕生のお祝いは、ハイハイから立って歩きだす赤ちゃんが
多くなることもあり、歩く赤ちゃんに憑きやすい邪悪な霊を
追い祓う意味と、昔は1年を無事に越すのも難しい栄養事情や
医療問題から、初誕生を迎えた赤ちゃんを盛大に祝うように。

そこで餅をつきお祝いする習慣が根づき現在にいたっている
ようです。

一升餅背負いと物選び

お祝いについた一升の餅を赤ちゃんに背負わせ、一生食べ物に
困らないよう(背負いきれないほどの)食べ物に恵まれるように
願いを込め祝います。

物選びは関西や西日本では赤ちゃんの将来を占うようです。

野球ボールやサッカーボール、PCや本などを置き赤ちゃんに
選ばせ将来の職業を占ったりするそうです。

赤ちゃんのお祝い まとめ



生後1年までのお祝い事ですので、どのお祝い事も
母子の健康状態によって無理のないようにしたい
ものです。

寒い時期、熱い時期などに丁度、お祝い事が重なる
赤ちゃんもおいでになることも・・・

生後まもない時期に初節句がくるのであれば、次の
節句でも問題はありません。

特に生後1年のお祝いごとは、あまり日にこだわらず
お祝いするのがよいと思います。

赤ちゃんに無理のない時期にすることが一番ですので
日程はよくお考えになることをおすすめいたします。

スポンサーリンク

2018-02-19 赤ちゃんのお祝い行事 お七夜から初節句に初誕生 はコメントを受け付けていません。 マナー 冠婚葬祭の冠