卒業祝い プレゼントのマナー つながる入学と就職

スポンサーリンク

卒業祝いを贈る時期は同時に、入学祝いや
就職祝いを贈る時期にも重なってきます。

卒業祝いのプレゼントを贈ろうとされる時、
どうしようと迷う方もこの時期多いのでは
ないでしょうか?

そこで知っておきたいのがマナーです。



卒業祝い=入学、就職どちらかにつながって
いくのが一般的ですので、どちらも贈るべき
なのか?

それとも、どちらか一方でもよいのか?

お祝い事によって、選ぶプレゼンも変わって
くることもあります。

そこでマナーを知り、贈る方へ心のこもった
最適な贈り物を贈ってもらいたいと思います。

卒業祝いを贈るのは?



卒業祝いを贈るのは、知人であればすべてと
いうわけではありません。

このお祝いは、両親や兄弟姉妹、身内やごく
親しい間柄でのお祝いごとになります。

また、親しくお付き合いしている方々や先輩
後輩なども、卒業祝いを贈られることがあり
ます。

身内のお祝いです

卒業・入学・就職の祝いは身内のお祝いです。

ご近所など、特に親しいお付き合いがなければ
お祝いの言葉だけでも、喜んでいただけること
と思います。

卒業祝いのマナー



卒業のあとには、入学就職と次に続くお祝い
ごとがあります。

お祝いごとですので贈り物を贈るのも問題は
ありませんが、例えばどちらか一方であれば
贈りやすいのは言うまでもありませんよね。

卒業祝い?それとも入学祝・就職祝い

卒業祝いが入学祝い、就職祝いにつながって
いるため、すべてを祝うのは・・・

そんな時は一つに絞ってお祝いを優先しても
問題はありませんが、その時は卒業祝いでは
なく入学祝い・就職祝いを優先するとよいで
しょう。

卒業祝いを贈る時期

卒業祝いはいつ頃贈るとよいのか?

私も何度か経験があるのですが、式が終わった
頃をめどに贈っておりました。

頻繁に卒業祝いを贈るケースは普通少ないので
あまり気にしたことはなかったのですが、検索
すると圧倒的に卒業式後の1週間ぐらいとなって
おりました。

卒業祝いの金額

基本的には卒業祝いを贈る場合、身内が大半に
なります。

そのためお祝いに使う予算はどうしても奮発する
傾向になってしまいます。

ここでは、一般的な金額とお子さんの卒業学歴も
参考に記載いたします。

小学生

祖父母:10,000円~30,000円 叔父叔母:10,000円程度
知人友人:3,000円~5,000円程度 

中学生

祖父母:10,000円~30,000円 叔父叔母:10,000円程度
知人友人:3,000円~5,000円程度

高校生

祖父母:10,000円~30,000円 叔父叔母:10,000円程度
知人友人:3,000円~5,000円程度 知人友人:3,000円~10,000円程度

大学生

祖父母:10,000円~50,000円 叔父叔母:10,000円程度
兄弟姉妹:10,000円~30,000円 知人友人:3,000円~10,000円程度

上記は卒業祝いの金額ですが、入学祝い、高校大学では
就職祝いを兼ねているケースも、多いのではないかとも
思われます。

ちなみに就職祝いでのお祝い額の最多は10,000円、
だそうで、平均額は15,000円~20,000円までよう
です。

卒業祝いと就職祝いではやはり、就職祝いの方が
卒業祝いと兼ねて奮発される方が多いのかも知れ
ませんね?

卒業祝いについてのまとめ

本来であれば卒業祝いは卒業、入学祝いは入学時に
個々でお祝いしてあげるのが一番と私は考えます。

しかし、先にもお伝えしたように卒業、入学または
卒業、就職と一連のおめでたい流れを思うと、子供
さんにとって意味深い贈り物になってもらいたいと
思います。

そこで、最近は卒業祝いも兼ねた入学や就職祝いを
贈ることにしております。

どちらにしても、孫や甥姪の人生の節目にあたる
お祝い事です。

卒業祝いと入学や就職祝いを兼ねて奮発してあげる
のも、きっとよい思い出になると思います。

スポンサーリンク

2018-01-31 卒業祝い プレゼントのマナー つながる入学と就職 はコメントを受け付けていません。 マナー 冠婚葬祭の冠