お正月のしきたりって?新年を迎える準備

スポンサーリンク

お正月を迎えるための「しきたり」って皆さんご存じ
ですか?

新年を迎えるためにしきたりを知ることで、年末から
はじまるお正月準備、歳神様のお迎えから初詣、年始
挨拶とつつがなく進めることができるはずです。

生まれて以来お正月を経験していない方は、おいでに
ならないわけですが、意外としきたりのことは曖昧に
しか理解していないのが実際ではないでしょうか?



しきたりとは(仕来り、為来り)とも書くそうで、古来
からの習慣やならわしのことで、そのようにやってきた
という意味合いです。

しきたりがわかれば、お正月を迎えるのに必要なこと、
準備すること?どう年末年始を過ごせば日本の伝統的な
お正月を知っていただけるのではないでしょうか。

お正月を迎えるため年末年始のしきたりとは?

お正月を迎える準備もしきたりに沿って進めることで、
段取りよく準備が進みます。

1年の汚れを落とすことで歳神様をお迎えする大掃除に
はじまり、お節の準備とお正月飾りの飾り付けと・・・

ここまでは歳神様をお迎えするためには必須です。

しきたりと言う言葉で難しく考える方もおいでですが、理に
かなったことだと思いますので、何かと役立つと思います。

年末から年始のお正月を迎え、そして初詣や年始の挨拶回り
から鏡開きまで「一般的なしきたり」をお伝えしたいと思いす。

年末のしきたりや準備

年末といえば大掃除、歳神様をお迎えするために大切な準備
から、おせち作りやお正月飾り大晦日を迎えるまでに済ます
ことになります。

しきたりに沿って進めるのも、それぞれにならわしがあり
ます。

ただし地方、地域によっては違いもありますのでその辺は
地域でのしきたり「古来からの習慣、ならわし」に習うと
よいと思います。

大掃除



一般的なしきたりに従うと、旧暦の「御事始め」にあたる
12月13日と言われています。

江戸時代に旧暦の12月8日に東では、すす払いをはじめ新年を
迎えたそうで上方では13日だったそうで、その頃から大掃除を
はじめればお正月を前にバタバタせずに済みますね。

大掃除は12月28日までに終わらすことがしきたりでは言われて
いますが、それは29日は「二重苦しむ」からきているそうです。

門松



門松は歳神様をお迎えするためと新年を祝うという意味合いで、
玄関に飾ります。

では、いつから飾ると・・・

御事始めにあたる12月13日から新年の1月7日です。

歳神様は門松や後述するお正月飾りをすることでやって来られ
ます。(目印になるわけです。)

おせちの準備



おせちを準備するのは一つは、歳神様へのお供え物そして台所
の仕事をお休みし、歳神様をお迎えするためです。

その土地にもよるかも知れませんが、風呂は年末までに掃除を
すませ、元旦はお風呂を休ませ2日からというところも結構多い
のも歳神様をお迎えするためと思います。

お正月飾り(しめ飾り)



大掃除を済ませた後で、年末ですが29日と31日は避けてお飾り
ください。

29日は「二重に苦しむ」31日は「一夜飾り」と言われますので
28日に玄関(表)に飾られるといいでしょう。

鏡餅



鏡餅は正月飾り、床飾りとも言い新年に歳神様にお供えする物
です。

年末にお供えし、1月7日松の内までとなります。

年越しそば



「そば」のように細く長く生きれるようにと大晦日に、縁起を
かついで食べるようになったようです。

その昔は商家などでは月末(晦日)は棚卸など、仕事が忙しくなり
そばの出前をとり使用人の労をねぎらったことや、そばが比較的
他の麵より切れやすいためその年の苦労や災難を断ち切るなどの
意味で、年越しそばとして大晦日にいただく習慣が根付いたよう
です。

年始のしきたり

年始1月1日の新年を迎え、しきたりはぜひ知っておいていただき
たいと思います。

と申しますのも、しきたりに従ってお正月を過ごされるご家庭が
多く、年始のご挨拶などは特にご注意される必要があるかと存じ
ます。

歳神様をお迎え



元旦は歳神様をお迎えし、家族そろってご自宅で過ごすしお祝い
するのがしきたりです。

家を空け歳神様をほったらかしにするようなことがないようにして
ください。

そういう意味では新年は2日からスタートと思っておくべきです。

氏神様と歳神様は違うということ知っておいてくださいませ。

初詣も2日から?



初詣は除夜の鐘が鳴りだす頃に・・・など言われ元旦のお詣りに
問題はないのですが、本来初詣は日頃からお守りいただいている
お住まいの土地の氏神様へまずお詣りをされるのが基本です。

氏神様へ先にお詣りされてから有名社寺へ行かれるのがよいかと
思います。

元旦は氏神様へ初詣、有名な神社などへは2日以降松の内までに
お詣りすればよいのではないでしょうか。

年始のご挨拶

年始の1日はご自宅で歳神様をお迎えし、ご家族でゆっくり過ごす
という意味からも年始のご挨拶は2日以降となります。

七草粥

お正月の間ご馳走やお酒で疲れた胃腸をいたわり、一年の無病息災
を願い1月7日にいただくのが七草粥です。

今では七草粥の七草がセットで販売されているので大変便利ですね。

鏡開きはいつ?

鏡餅のお供えは1月7日まで、では鏡開きは?

この鏡開きはお供えして神様のご利益がついたお餅をいただくこと
ですが、大きいので開く(割る)のですが、包丁や金属の道具は使わず
木槌で開きます。

包丁は切腹を意味し嫌われ、木槌が縁起がよいとされています。

知っておきたいこと



お正月は1年のはじまりで、その年の福徳を授かり無事な1年を
過ごせるようにとの思いから、年末の大掃除や歳神様のお迎え、
そして氏神様への初詣とお世話になっている方々へのご挨拶と
なります。

歳神様と氏神様?

歳神様と氏神様とは違うということを知っておかなければなり
ません。

歳神様は来訪神で神道の神様です。
農耕民族の日本では古来より稲作の豊作を願い、祀る神様で高い
山からお正月にやって来られるます・・・他には先祖の霊で災い
から守ってくれるとの説も。

氏神様は元々は同じ氏族、血縁関係のある氏が信仰してきた神を
祀った神社のことで、その土地を守る神様です。

現在では広義に解釈されるようになり、住まわれている土地の
氏神様(神社)とお考えいただけばよいと思います。

鏡開き



鏡開きはお正月に家にお迎えした歳神様にお供えした餅を、下げ
ていただき食べることでご利益をいただくことです。

おせちも歳神様と一緒にいただく意味合いですね。

まとめ



お正月のしきたりは別に難しいことではありません。

新年もよい年になるようにと、歳神様や氏神様、ご先祖様への
願いを込めお迎えするための準備と、神様や身内の方と過ごし、
日頃からお世話になっている方々へ、気持ちをあらためご挨拶
するために必要なことを教えてくれるものではないでしょうか。

お正月に帰省された皆様は、年末年始に限らず、ご先祖様への
日頃の感謝を込めお参りはお忘れなく。

スポンサーリンク

2017-11-28 お正月のしきたりって?新年を迎える準備 はコメントを受け付けていません。 健康と暮らし