夏の風物詩 京都五山送り火はどこで見れば一番?

スポンサーリンク

京都の夏の風物詩と言えば何と言っても祇園祭と
五山送り火ですね。

お盆の翌日8月16日、お盆にお帰りになっていた
精霊の方々が冥府にお戻りなるため、炎の灯りで
導くのが送り火です。

どこで見れば一番?全部を一度に見たいなどなど、
知りたいことがいっぱいではないでしょうか?

送り火は薪を燃やした炎で山の斜面に文字を浮かび
あがらせ、精霊をお送りするお盆行事です。

五山に浮かび上がる送り火は京都の町を囲むように
配置されているので・・・近すぎても遠すぎても。

京都のお盆は五山の送り火と共に終わり、秋を迎えて
行きます。



そんな京都の夏の風物詩、五山の送り火は山の斜面に
浮かび上がる文字をゆらゆらとさせながら、幻想的な
風情を魅せて今は亡き方々を偲びながら冥府へと送る
行事です。

ライトアップと違う灯りでゆっくりとお盆の風情と、精霊を
お送りする五山送り火をご覧いただければと思います。

ここでは、夏の風物詩五山送り火についてご案内して
いきたいと思います。

このページで利用している五山送り火の画像は一部を
除き「京都フリー写真素材」を利用しております。

五山送り火は京都盆地全部を



夏の風物詩、京都五山の送り火はお盆でお戻りになった
ご先祖様、精霊の方々を冥府へ導く送り火で京都盆地を
囲む五山でおこなわれます。

一般的なお盆では迎え火と送り火があるのですが、京都
では8月13日に精霊をお迎えするため迎え鐘(六道まいり)
をつくそうで、お送りするのは薪を井桁に組み火をつけた
篝火を送り火としています。

また、迎え火のかわりに迎え鐘でお迎えするのは陰陽師が
いた土地柄ゆえ、迎え火で悪霊などをお迎えするわけには
いかないとのことがあったようです。

そのような土地柄もあったのでしょうか、京の町全体を
囲む五山で送り火により精霊の方々を冥府へお送りする
行事になったのかも知れませんね。

はじまりは?

これだけの規模の行事でありながら明確なことが、よく
わからないなのが五山送り火のはじまりや背景です。

色々な説が言われてはおりますが、有力な説は銀閣寺が
所有する東山如意ヶ獄(大文字)に関し銀閣寺を作った
足利氏他ということで室町時代中期だとする説です。

銀閣寺から資料が見つかったことでこの説が有力なよう
です。

五山送り火の詳細とよく見える場所

五山送り火は毎年8月16日、お盆の翌日の夜(20:00~)
大文字・妙法・船形・左大文字・鳥居形の順に点火
されます。(約1時間ぐらい炎の送り火が・・・)

各送り火ごと護摩木の受付があり、送り火の点火資材
として使われるそうです。

護摩木に名前と病名を記し火床の割木に載せ、焚くと
病が癒されるとの信仰から護摩木は無病息災を記して
いるそうです。

東山如意ヶ獄(大文字)


画像:銀閣寺近くから見た大文字の送り火。

京都五山の送り火で有名な大文字は、東山如意ヶ獄の
「大」の字で五山の送り火=大文字と言われる方も。

本当は「五山送り火」というので覚えておいてください
ませ。

  • 大文字は市内からはどこからでも見れる位置にあると
    説明されていますが、建物のこともあり鴨川の堤防で
    見られるのがおすすめです。

護摩木の受付:銀閣寺門前(300円)15日12:00~19:00 16日6:00~14:00
点火時間:20:00

松ヶ崎西山/万灯籠山(妙法の妙)・松ヶ崎東山/大黒天山(妙法の法)


画像:宝ケ池の球技場から見た妙法の妙の送り火。

  • 「妙」は北山通りのノートルダム女学院付近がよく
    見れるそうです。


画像:松ヶ崎の北山通の近くから見た妙法の法の字。

  • 「法」は高野川堤防からがよく見えるそうです。

護摩木の受付:受付していません。
点火時間:20:05

西賀茂船山(船形)


画像:舟形のふもとのゴルフ場からの撮影です。

  • 北山通りからよく見れるそうです。

護摩木の受付:西方寺門前(300円)15日8:00~16:00 16日7:00~10:00
点火時間:20:10

大北山(左大文字)


画像:船岡山近くから見た左大文字の送り火。

  • 西大路通りの西院~金閣寺でよく見えるそうです。

護摩木の受付:金閣寺門前(300円)15日9:00~15:00 16日7:00~14:00
点火時間:20:15

嵯峨鳥居本曼茶羅山(鳥居形)


画像:清涼寺の北側あたりから見た鳥居形の送り火。

  • 松尾橋からと広沢の池からがよく見えるそうです。

鳥居形は広沢池の灯籠流しと一緒にご覧になるのが
おすすめです!

画像に五山送り火(鳥居形)が左端にしっかり見えて
池に浮かび上がる灯籠の灯りと一緒にご覧いただけ
ます。(鳥居形の写った画像が見つからずスミマセン)


画像:広沢池の灯籠流し。

護摩木の受付:化野念仏寺駐車場前(300円)13日~15日10:00~16:00
16日9:00~15:00
点火時間:20:20

送り火すべてを見れる場所?

送り火を見るならどこが・・・皆さんが悩む観覧場所。

あまりに近いと送り火の文字や形が木々や建物で欠けて
しまいますし、見る位置や角度や方向でも残念な結果に
なることもあります。

また遠すぎると、特に五山送り火のすべてを見るために
一望できる場所を選べば送り火が小さくしか見えません。

送り火は点火後約1時間足らずで消えることを考えると、
とてもすべてを見てまわることができないのが実際です。

そこで、送り火のどれを見たいのか絞って現地で臨場感の
ある送り火を見るのか・・・

見晴らしのよい場所で「五山送り火」のすべて、スケール
の大きいお盆行事として見るのかを決めてから、見に行く
のがよいと思います。

どちらを選ぶにしても、当日は大変な人出です!

早い時間に現地へ入り下調べし、余裕を持って観覧場所を
お決めになってくださいませ。

五山送り火が一望できる場所

五山送り火をすべて一度に見ることができる場所となると、
予約や費用が必要となります。

以下のホテルや施設、場所などが有名です。

京都タワー・京都駅ビル空中経路・出町三角州・船岡山公園・
将軍塚・吉田山と茂庵・賀茂川堤防・御薗橋・高野川堤防・
イオンモール京都五条・嵐山渡月橋・松ヶ崎駅周辺・北大路通り・
虚空蔵法輪寺・京都ホテルオークラ・ANAクラウンプラザ・
ウェスティン都ホテル・ホテル日航プリンセス京都

すべてを一望できると人気の鑑賞スッポトを、上記の中から
選別してご紹介していきますのでご参考にどうぞ。

五山送り火をすべて見れる鑑賞スッポト

  • 京都タワー

「五山送り火 鑑賞と晩餐」展望室をからの鑑賞会が開かれ
ますが、6月28日の時点で完売になっています。

タワー展望のスカイラウンジ「空」の予約をする方法も・・・
ただし確実に送り火が見える席をとれるか?疑問ですので詳細で
確認を!

京都タワーホテル

  • 京都駅ビル

空中経路からは五山すべての送り火が鑑賞できます!

応募の上抽選ですが、五山送り火をすべて鑑賞できる
スポットでホテル等であれば有料となることを考えれば
・・・ここは一押しです!

7月8日より五山送り火観賞会募集!
五山送り火観賞会の応募フォームは7月8日(土)0:00より
アップされます。

  • 船岡山公園

五山送り火が全部見れ人気も評価も高いのが船岡山公園です。

それだけに人出も凄いそうです!

五山の内4ヶ所は同時に見れるようですが・・・公園内を移動
しないと見れない送り火もあるようですので、早い目に場所の
確保と1ヶ所がどこから見えるかの確認が必要です。

京都観光Navi 船岡山公園

  • イオンモール京都五条

五山送り火がすべて見れると評判で、京都市民ご用達の五山送り火
鑑賞スポットと評価が高いのが京都五条店の屋上駐車場の最上階。

当日の駐車場はイオンさんの配慮もあり安全に鑑賞できるそうです。

当日は車は駐車させないようで、鑑賞スポットとしては最高です。

踏み台があれば後ろからでも見れるので準備はお忘れなく。

イオンモール京都五条店

  • 将軍塚展望台

すべての送り火が鑑賞できるようですが、特別鑑賞ツアーの申し
込みが必要となります。

京都・大文字五山送り火『特別観覧席』鑑賞ツアー【プランA】(大舞台から見物)

  • 大舞台からの大文字送り火鑑賞ができるそうです。

下記サイトで詳細が確認いただけます。

将軍塚清龍殿サイト/a>

  • 交通機関のこんなサイトも参考になります。

京都観光ハイヤー: ニュース: 五山の送り火 – 日本交通

五山送り火の人出

毎年、この五山送り火を見ようと全国から集まる人出・・・平日でも
何と10万人を超えるそうです。

点火され約1時間で・・・五山送り火は静かに炎をおとしていく短い
時間にすべてを鑑賞するには無理があります。

ぜひ、鑑賞される方それぞれの見たい送り火をじっくり見ていただけ
ればと思います。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

スポンサーリンク