血糖値上昇はNG! GI値で糖質吸収が遅い食品を?

スポンサーリンク

ダイエットは糖質制限を利用した方法が盛んに
伝えられています。

糖質の摂取は当然必要ですが過剰な摂取による
血糖値の上昇はインスリンの追加分泌で体脂肪
に変えられ、そして糖尿病のリスクも・・・

摂取する食品によって糖質は体内に吸収される
速度、度合が違うのをご存じですか?

この吸収される速度、度合を数値化したものが
GI値です。



食後の血糖値の急激な上昇や、膵臓を酷使する
過度なインスリンの生産や分泌を抑制するには、
摂取する食品のGI値を知ることで負担の軽減が
できるんです!

糖質が体内で吸収されるのが遅い食品(GI値の
低い=遅い)を摂取することで血糖値の上昇を
少しでも穏やかな上昇にすることができます。

血糖値の急上昇を少しでも防げればインスリンの
追加分泌も減らしたり、膵臓への負担も・・・

糖質(ブドウ糖)はエネルギーとして消費されますが、
過剰な糖質(必要以上)はインスリンが体脂肪にかえ
蓄えてしまいます。

これが肥満の原因にも・・・

これ以外にもインスリンをフルに生産分泌するため、
膵臓にも負担をかけ弱らす原因になりインスリンを
生産する機能の低下など、糖尿病の発症などリスク
につながります。

食品のGI値を知り血糖値上昇を穏やかに



そこで食品ごとのGI値を知り、糖質の吸収度合が
遅い食品(GI値の低い=遅い)を摂取し血糖値上昇を
少しでも穏やかな上昇にしてあげることが重要です。

血糖値の急上昇がNGなわけを基に肥満や糖尿病予防、
血糖値のコントロールに少しでも低いGI値の食品を
利用することで改善が期待できます。

肥満でダイエットをとお考えであっても、糖尿病も
初期のうちは肥満体形になることがありますので、
まずはご自身の状態を知っておく必要があります。

血糖値が絶えず高い?



高血糖の状態ですから、医療機関で調べることを
おすすめします。

重要なことは糖質の過剰摂取で一時的なものか?
インスリンの分泌が少ないなどで血糖値が正常に
戻らない=初期を含め糖尿病の可能性があります。

健康な方・・・

食事で摂取した糖質はインスリンが分泌されると
エネルギーに変えられるので、上昇した血糖値は
下がります。

過剰に摂取した糖質はインスリンにより体脂肪に
なりやすい、これが肥満につながるわけですね。

糖尿病や予備軍の方・・・

高血糖が続くのはインスリンの分泌が少ないなど、
糖尿病の可能性が高いということになります。

どちらの方でもGI値の低い食品を上手に摂取する
ことで、血糖値上昇を穏やかにしてダイエットや
糖尿病のリスク軽減のお役に立てていただければ
よいと思います。

GI値って?



GI値のGIとはグリセミック・インデックスのことで
食事など食べ物を摂取後、糖質は体内に取り込まれ
ます。

糖質(ブドウ糖)により血糖値が上昇すると、ブドウ
糖をインスリンの働きで各細胞組織へ。

体が必要とする糖質を必要以上に摂取すると、残りは
インスリンが体脂肪として蓄えてしまうことはお伝え
した通りです。

しかし、同じ糖質であっても食品によって糖が体内に
吸収される速さに違いがあり、吸収される速さ(度合)
を数値化したものがGI値といい、この値が低い食品は
血糖値の上昇が穏やかであるということになります。

ちなみに、GI値は数値の高い(糖の吸収が早い)低い
(糖の吸収が遅い)で表しています。

70以上は高GI食品=糖の吸収が早い食品
55~70は中GI食品=糖の吸収は普通の食品
55以下は低GI食品=糖の吸収が遅い食品

では食品のGI値をPDFでダウンロードできますので、
下記をご利用いただければ幸いです。
GI値一覧表

食材別GI値一覧表

GI値をダイエットに利用するには?



ダイエットでGI値を役立てるにはやはり血糖値の
上昇を穏やかな状態にすることです。

GI値の低い食品を摂取するように心がけインスリン
の分泌を抑えるようにすることができます。

後ほど説明をさせていただきますが、メニューに
食物繊維やタンパク質を取り入れることで、より
血糖値の上昇を抑えることが可能です。

GI値を糖尿病や予防に利用するには?

糖尿病予備軍などリスクを軽減するためにダイエット
と同様、血糖値の上昇を穏やかにするGI値の低い食品
で、インスリン分泌で膵臓を疲弊させないことが重要
です。

糖尿病の場合は糖質の摂取量を控え目にすることと、
GI値の低い食品と食物繊維やタンパク質などの食べ
合わせを考え、血糖値の上昇を穏やかにするよう心
がけることをおすすめ致します。

糖尿病の場合(2型)はインスリンの分泌が少ないなどの
理由で血糖値が食後、高血糖の状態のままになります。

膵臓の負担などを含め少しでも血糖値を穏やかな上昇に
してくれるGI値の低い食品は理想です。

糖質も含め三大栄養素の摂取をバランスよく

健康な方、糖尿病などの方も含め健康的な食生活は大変
重要で糖質・蛋白質・脂質、三大栄養素は欠かせません。

個々の皆さんの状態に応じた摂取量を考え知り、バランス
よく健康を害さないことが大切です。

糖質が肥満の原因の一つだからと、糖質を摂取しないなど
行き過ぎたダイエットは決してよい結果は期待できません。

これまで説明したようにGI値の低い食品で糖質を摂ることや
食物繊維を摂取した後、糖質を摂取することで一層血糖値の
上昇を穏やかにする効果も期待できます。

ちなみにこの効果を「セカンドミール効果」というそうで、
最初に摂取する食品を「ファーストミール」次に摂取する
食品が「セカンドミール」で代表的な食品としてマメ科の
植物をファーストミールとして摂取するとよいそうです。

植物繊維の多いマメ科植物には大豆があげられますので、
ぜひファーストミールとして摂取をおすすめします。

ここまで「GI値の低い食品で血糖値の上昇を穏やかにする」
についてお伝えしましたが、最近の情報では「GI値の低い
食品」はすべての人に同じ効果は期待できないとの情報が
あります。

人によってGI値が低い食品でも、血糖値の上昇が穏やかに
ならないことがあるそうです。

まだ、調査研究の段階のようですが腸内細菌が関係している
ようです。

今後、研究が進めば個々一人一人の(多くの)腸内細菌の種類
など菌数の割合で、もっと精度の高いその人にあった食品の
GI値がわかる時期がくると思います。

それまでは現状のGI値を参考に血糖値の上昇を穏やかにする
努力をいただければと思います。



保存

保存

保存

スポンサーリンク