お正月 喪中のご家庭はどうすれば?

スポンサーリンク

喪中にお正月を迎えるご家庭も多いことと思います。

身内の方におかれましては、このお正月をどのように
過ごせばよいのか・・・また新年のご挨拶や年賀状が
届いたら等々、気になることが山積みではありませんか?

喪中っていつまで?どの程度まで控えれば・・・

筆文字「寒中お見舞い申し上げます」

しきたりとか言うけれど意外に曖昧で、こうでなければ
いけないという基準が・・・わからないことばかりで

それぞれ人により考え方の違いで、微妙に違うような
こともあります。

このページでは年末が近づき喪中のご家庭でお困りに
なる「お正月はどうすれば・・・」についてお伝え
したいと思います。

年賀状は?お年玉は?などお正月にどう対処するべきか
基本的に「してはならないこと」をお伝えし、参考に
していただければと思います。

というのも、時代の流れと共に「してはならない」ことを
優先するあまり、支障をきたしかねないことも多くあるのも
現実です。

重視すべきは重視し、緩くしてもよいところはよしと
して判断する参考になればと考えます。

喪中 知っておきたい必要知識

仏事 数珠

近親の方が亡くなられた時、その方の死を悼み故人の
冥福を祈り晴れがましいこと、お祝いごとなどを慎む
期間ということと考えるとよいと思います。

喪中とは喪に服す」ということですが、続き柄では
どの範囲を現代では指すのか、例えば両親のどちらか
一方が亡くなった場合は当然その子供や親が喪に服す
というのはわかります。

しかし、該当する方の配偶者の兄弟姉妹はどうなので
しょうか?

また、お祝いごとや神社やお寺へのお参りなど、お正月
を控えこの時期はお年玉や初詣は?などなど

知っておくべき喪中についの知識が必要です。

そこでお正月が喪中にあたるご家庭の方々はどう考え、
どうお正月の行事、お祝いごとに対処すればよいのか?

また、忌中はどう過ごせばよいのか?正直わからない
ことばかりで・・・そこで自分も含め改めて確認をと
思い喪中をどう過ごしたらよいか調べてみました。

知っておくべき言葉と意味

仏壇

忌中と喪中は同義語として扱われてきたようなところも
あり、一定の期間身を慎むという意味では同じではあり
ますが、忌中は49日を指し喪中は一般的には1年を指し
ます。

ちなみに忌中の期間(49日法要が終わるまで)は死=穢れ
と、日本では考えられてきた経緯もあり祝い事の場へは
穢れを持ち込まないようにする、そして殺生をしては
いけないとされています。

人の死を穢れとすることに関しては、私は容認しがたい
のですが皆様はいかがでしょうか?

お伝えすることが進まなくなりますので次へ進みますが、
個々の皆様それぞれの考え方で喪中の過ごし方や喪中の
期間や該当するが、親しいお付き合いがなかったなどで
1年を喪に服さず比較的早くの喪中の期間を終わらせる
方もおいでになります。

忌服とは上記で説明した身を慎むことを忌服と言います。

忌明けとは49日法要を終えたあとを指し忌中が終わった
あとを忌明けと言います。

喪中に該当する続き柄と期間?

喪に服す、喪中に該当する方の範囲とはどこまでを指す
のか?この場合理解しやすいのが続き柄と生前故人との
関係、お付き合いの程度で考えることも必要です。

昔は男尊女卑の傾向が強く女性の個人に対しては喪に服す
期間が男性より短くなっておりました。(明治に喪中の決め
事として定められた大政官布告)

そんな経緯の中、少しづつ変わってはきましたが、基本は
大きく変わってはおらず一般的な喪中は若干の違いはある
ものの、基本としての部分は今も変わらずです。

時代も移り現在の一般的な喪中に該当する方は自分自身
からみて、2親等となりますので以下のようになります。

2親等以内該当する身内の続き柄と喪中の期間
※一般的な喪中の期間ですが、故人に対する思いにより
この限りではありません。

  • 1親等 父母・義父母:喪中期間 12ヶ月~13ヶ月
  • 0親等 あなた(ご自身)
  • 1親等 子供:喪中期間 3ヶ月~12ヶ月
  • 2親等 兄弟・姉妹及び配偶者・孫・祖父母:喪中期間 1ヶ月~6ヶ月

伯叔父母及び配偶者は3親等になります。

お正月は?

喪中のご家庭や2親等に該当する方は、忌中喪中の期間は
お祝い事を避け喪に服しますが、お正月をどう過ごすか
気になるところです。

忌中の期間がお正月に重なった場合はどうなるのか?など
が気になる、また初詣は?お年玉は?など、今まで私自身
経験がなく調べてみました。

忌中にお正月が・・・

喪に服さなければいけない時にお正月、してはいけない
こととは?

これは皆様もおおよそ理解されていることと思いますが
忌中となれば・・・

忌中の期間は特にお祝い事は一切避けていただかないと
いけません。

初詣や正月飾りなどが該当するかと思いますが、年賀状や
年始のご挨拶も喪中と重複しますが、お正月を祝う行事は
いけません。

喪中のお正月は

正月飾りなどお正月を祝うことはしてはいけません。
※これは忌中の期間も同様です。

またお節料理もお祝いの料理ですので喪に服す期間です
ので避けるようにしてください。

すべての方がそうであるとは限りませんが、個々の方の
考え方もあり忌中の期間が終われば初詣に行かれる方も
おられるようです。

その辺のことはご自身の判断であり、喪中に対する個々の
考え方によりますが特に問題はないようです。

お寺への初詣は問題はないのですが、神社の場合は穢れを
嫌うという理由から避けるほうがよいかと思いますが喪中で
あれば、特に制限はないのでよいそうです。

ただし神社によっては嫌うところもありますので事前確認を
され行かれることをおすすめします。

郵便ポスト

年賀状は喪中の期間は送りませんが年賀欠礼状=喪中はがき
を送りお知らせしますが、届いた場合は松の内が過ぎた時点
から2月4日(立春)までの間に寒中見舞いを出され対処すれば
問題はありません。

お歳暮については、日頃からお世話になっているお礼の意味
ですから問題はありません。

ではお年玉はどうでしょうか?

元々お正月に歳神様を迎え、お供えした鏡餅を参拝された方に
配ったのがお年玉として広まったようです。

お年玉はそれに習って始まったことで、神事であってお祝いの
行事ではないので問題はないそうです♪

お年玉を楽しみにしているお子さんたちの喜ぶ顔が浮かびますが、
喪中ですので騒いだりしないよう教えてあげてくださいませ。

しかし気をつけなければならないことが!ポチ袋に紅白の紅白の
水引が入っているものは、祝い袋ですのでご注意ください。

喪中の期間に会社の祝い事や祝賀会

会社勤めなど組織に属しておられる方はどうしようかと迷われる
ことが多いと思います。

忌中であれば、事情を相談され遠慮すべきと思いますが、喪中の
期間であればご自身の考えと上司や会社に相談してからお決めに
なるとよいかと、上司や会社により喪中の方の出席を嫌うことも
ありますので確認は怠らずにどうぞ。

まとめ

忌中や喪中の違いなど、意外に曖昧に理解していたなどでどう
お正月を過ごし、多少の祝い事は問題ないだろうと思っていた
方もおいでになったかも知れませんね。

お供え

昔と違い喪中について判断に正直迷うことが多いのも実際です。

故人に対し喪に服すのもこれといった決まり、基準も少しづつ
変化し個々の考え方次第かも知れませんが、世間一般の喪中に
ついて、大きくはずれないことが大切ではないかと思います。

人の目を気にしすぎるのも問題ですが、世間と関わり生きて
いることも忘れず、故人を偲び喪に服していただく参考に
なれば幸いです。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

スポンサーリンク

2016-12-21 お正月 喪中のご家庭はどうすれば? はコメントを受け付けていません。 健康と暮らし