祇園祭 山鉾巡行見物ベストポジションと前祭と後祭の宵山を楽しむ

スポンサーリンク

祇園祭のメインと言えばやはり山鉾巡行です。

山鉾巡行をベストポジションで見るにはどこが?

ポイントを押さえ前祭と後祭をベストな場所で、
限られた日程で堪能するには?宵山の楽しみ方も
含めて祇園祭を攻略できれば最高ですね!

旅行者や、日帰り見物に来られる方にも有限な
時間内で祇園祭を楽しむ方法を調べてました。

では、大きく二つに分けてご案内していきます。

一つ目は山鉾巡行、前祭と後祭があるのですが、
巡行コースが違いますので、コースや時間も含め
確認ください。

二つ目は宵山をしっかり楽しんでもらうための
情報です。

※このページでは「京都フリー写真素材」様の
画像を一部利用させていただいております。

祇園祭(前祭・後祭)山鉾巡行と宵山の詳細

祇園祭 圧巻の山鉾巡行

祇園祭の山鉾巡行は前祭と後祭では、山鉾が
巡行する基数も違い23基の前祭に対し後祭は
10基です。

また、前祭では「注連縄切り」他の神事があり
見どころも多いように思いますが、後祭では
花笠巡行があるので、甲乙つけがたいのが実際
ではないでしょうか?

まずは、山鉾巡行についてご案内の後に宵山の
簡単な詳細をお伝えしていきます。

祇園祭山鉾巡行コースは

前祭巡行コースは四条烏丸から河原町、京都市役所
前を通り烏丸御池駅から新町通りへ、コの字を描く
形で進み後祭の巡行コースは逆になり、烏丸御池駅
から四条烏丸へ巡行します。

前祭・後祭の山鉾巡行コースと花笠巡行コースの詳細

※前祭と後祭では巡行コース以外にも神事他で違いが
あり、例えば後祭には花笠巡行が山鉾巡行と平行して
見物が!別途ご案内します。

前祭の山鉾巡行

山鉾巡行は7月17日(日)の前祭に23基が四条烏丸を
am 9:00にスタート、烏丸御池駅にam 11:00、新町通
へはam 11:20の予定です。

後祭の山鉾巡行

7月24日(日)の後祭は10基が烏丸御池駅をam 9:30に
スタートし、四条烏丸にam 11:20の予定です。

前祭と後祭の宵山

前祭の宵山は7月14日(木)から16日(土)

後祭の宵山は7月21日(木)から23日(土)

山鉾巡行のベストポジションは祇園祭の写真から?

山鉾巡行 辻回し

山鉾巡行のベストポジションを探すならやはり、
祇園祭の写真画像に利用される場所ではないで
しょうか?

もちろん動画撮影にもよく利用されています。

プロアマに限らずカメラマンは最高の場所を把握
されていますので、ベストポジションは山鉾巡行の
画像から探すことができます。

こちらのサイトで祇園祭の動画がご覧いただけます。

前祭の「注連縄切り」他神事で山鉾巡行のスタート

長刀鉾に乗るお稚児さんによる「注連縄切り」
他神事が前祭のスタート地点、四条通と烏丸通の
交差点で行われます。

各山鉾が次々に集結して来るところも見どころです。

一番の見どころ辻廻し

前祭の山鉾巡行では3ヶ所、辻廻しする交差点が
あります。(後祭は2ヶ所になります)

写真でよく使われている場所は御池通と河原町通の
交差点です。

ポイントは架線も少なく道路も広くて視界がよく、
辻廻し時10トンもある山鉾を操る様子がしっかり
見れるという点です。

直線コースで巡行する山鉾を正面から

特におすすめは長刀鉾ですが、各山鉾を正面から
見れる位置、やはり辻廻しをする交差点から巡行
してくる山鉾と、後から続く山鉾も高さがあるので
見応えがあると思いますよ!

山鉾が京都の民家の軒先すれすれに!

これは新町通を巡行時に見れます!

山鉾を操りながら狭い道を巡行するので、山鉾の
車輪が軋む音に迫力を感じるはずです。

新町通へ入るための辻廻しも見れますが、前祭の
時しか見れません。

後祭の山鉾巡行と一緒に花笠巡行も見れます

後祭の山鉾巡行は前祭の山鉾が23基なのに10基と
寂しいと思いがちですが、同時に花笠巡行があり
山鉾巡行と合わせて観覧できます!

花笠巡行は八坂神社スタートam 10:00で、八坂神社に
am 12:00に戻る予定です。

山鉾巡行と花笠巡行を観覧される方は、am 10:00には
御池通と河原通の交差点付近で、花笠巡行を先に観覧し
その後山鉾巡行が観覧いただけます。

宵山を楽しむ必須のポイント

山鉾巡行だけじゃない祇園祭を楽しむなら宵山は
絶対にはずせないですよ!

前祭の宵山は歩行者天国の夜店を楽しむ

祇園祭 宵山 長刀鉾

7月15日・16日(金・土)は歩行者天国の夜店で
祭気分を味わってください。(pm 6:00~11:00)

祇園囃子が響き情緒満点です。

pm 6:00からですがpm 9:00以降なら混雑も
多少緩和されているようです。

また、地下鉄烏丸御池駅から行かれると多少
混雑が少ないようですので検討の価値あり。

山鉾のある各会所をめぐる

祇園祭 会所での風景

宵山に各山鉾の会所をめぐると、粽や手拭、
お守りなど各山鉾独自のグッズが購入できる
ので山鉾と祇園囃子の情緒を楽しみながら
思い出に残る祭に。

グッズ他各山鉾町の販売品詳細

宵山は山鉾の御朱印集め?

祇園祭の宵山に全山鉾の御朱印が集めれる
そうです。

前祭23基の各山鉾の御朱印は14日から16日
後祭10基の各山鉾の御朱印は21日から23日

各山鉾の御朱印は会所にて。

なお、御朱印をいただくのには志納金が必要に
なるそうで、各山鉾によって金額が違うので
確認ください。(100円~200円位)

御朱印帳は東急ハンズ京都店で買えるそうですが、
お寺参りした時に使う御朱印帳とは別にしないと
後で困ることになるのでご注意を。

最後に

祇園祭 提灯

山鉾巡行に宵山だけででもボリュームいっぱいの
祇園祭です。

京都に住む皆さんが羨ましくて、毎日でも見れる
わけですから・・・

とても1日では見て回れないのが残念ですが、時間が
許すなら泊りで行ければ最高ですね!

スポンサーリンク

2016-07-14 祇園祭 山鉾巡行見物ベストポジションと前祭と後祭の宵山を楽しむ はコメントを受け付けていません。 四季の旅とおでかけ