糖尿病を発症したら感染症予防に細心の注意を

スポンサーリンク

糖尿病を発症以来、経験したこの病について記事に
してまいりましたが、改めて糖尿病の怖さを痛感する
出来事がありました。

今まではこの病の進行を止め、基本的には血糖値を
正常値に少しでも近づけ合併症の発症、進行を抑え
ることを第一にと努力してきました。

しかし、平行して細心の注意を払わなければならい
ことがあったことに、気付いていなっかたんです。

糖尿病の方には感染症の予防がとても重要です!

治療薬 感染症

糖尿病を発症すると神経障害、視神経障害、そして
腎臓障害の三大合併症が怖いわけですが、もう一つ
怖い曲者が感染症なんです。

三大合併についての記事

今回、体調を崩し曲者の正体に気付いたのですが
現在もその曲者、感染症で通院中で糖尿病の怖さを
痛感、気付いない方も多くおいでになると思い記事に
しました。

糖尿病とこの厄介な感染症のこと、どのように対処
すればよいのかなどを調べましたので、参考になれば
幸いです。

糖尿病は免疫機能が低下!だから感染症は怖い

細菌・バクテリア・ウイルス細胞 - 顕微鏡画像

免疫の機能低下?糖尿病患者のどれだけの方が知って
おられるのでしょうか?

私の場合は風邪をこじらせ上気道炎になり、炎症(鼻・
喉)から副鼻腔炎(蓄膿症)に、風邪をひいてから2ヶ月
経った頃、眉間腫れと傷みと強い頭痛が表れ、耳鼻科の
診断で慢性蓄膿と同等の膿が溜まっていると・・・

免疫機能が普通に、糖尿病を発症する前のように機能
していたなら・・・このブログも2ヶ月以上お休みし、
最近少しづつですが記事の投稿をできるようになった
ところです。

チョッと風邪をひいたかな?から2ヶ月、こじれて
蓄膿症で顔は腫れ頭痛で現在も治療中の感染症は、
糖尿病患者にとって予防に細心の注意をしなければ
ならないことをお伝えします。

感染症とは?

インフルエンザも感染症ですが、ウイルスや細菌など
が体内に入り込み、感染し症状(発症)が出たら感染症
というそうです。

多くの感染症は伝染するのということです!

要注意な感染症例

  • 尿路感染症
    女性に多い感染症で重症化しやすい。膀胱炎・腎盂炎・
    腎盂腎炎と進行しやすく、三大合併症の一つ糖尿病性
    腎症害が出ている方は、進行が早くなることも。
  • 上気道炎・肺炎・結核
    風邪による炎症(鼻・喉)で、こじらせると気管支炎・
    肺炎に。
    結核は風邪に似た症状ですが、胸痛や息苦しさから
    進行するとかつ血するように。
  • 皮膚の感染症
    水虫(白癬菌)やカンジタなど菌による皮膚病になり
    やすく、潰瘍へ進行することもあり壊疽に至ることも
    多い感染症です。
  • 口内炎や歯槽膿漏
    口の中は雑菌を含め菌が増殖しやすい環境です。
    感染症を起こしやすいのに以外に気付きにくい。
  • 胆のう炎も糖尿病患者に胆石を持っている方が多い
    ことで、神経障害がおこること胆汁が滞りやすく
    なり胆のう炎を発症しやすくなるので感染の問題に
    入るようです。

免疫機能低下だけ?免疫以外の原因

血糖測定

  • 高血糖であるため免疫機能低下がおこり、体内で
    抗体をつくるための反応が弱くなり、感染に対する
    防御がうまくできなくなること以外にもあります。
  • 白血球はウイルスや細菌が体内に入った時に、
    取り囲んで食べてしまう好中球という成分があり
    ますが、高血糖により機能低下して働きが落ちる
    のも原因の一つです。
  • 高血糖により血流が悪くなり、酸素など各細胞が
    必要とする栄養を含め届きにくくなって、機能の
    低下をおこしている細胞はウイルスや細菌に感染
    しやすく、投薬の効果も当然弱くなります(感染
    部に届きにくくなる)

感染症を発症してしまたら

メディカルイメージ

「自己判断をしないこと」たかが風邪ぐらいと
糖尿病患者は考えないことです!

投薬されている薬も、~だから減らすややめる
なども自己判断しないことです。

悪い結果を招くおそれもあります。

風邪をひくと血糖値が上がります。

風邪で血糖値が上がることは、担当医に聞いた
ことはあったのですが・・・

風邪をこじらせてからの診察日の血液検査で
ヘモグロビンA1cが、8台~10台へ一気に
跳ね上がっておりました。

感染症の疑いがあれば医師に相談

感染症にも色々ありますが、これぐらいならと
思わないことです。

糖尿病患者は治りにくく、悪化しやすいことを
肝に命じ、早い診断と治療を医師にしてもらう
ことが重要です。

「感染症は糖尿病を悪化させる場合がある」
ことを忘れないようにしてください。

感染症予防のために

寝起きの女性

感染症を発症しないようにすることは不可能に
近いかも知れませんが、予防することで最悪の
状態の回避も可能になるのではないでしょうか?

睡眠や栄養に注意した健康的な生活をすること
です。

糖尿病患者の感染症予防は血糖のコントロール

何といっても血糖値を少しでも正常値に近づける
努力で、血流の改善などが感染症予防の決め手
になるのではないでしょうか?

最後に

血糖値のコントロールがうまくできていれば、
感染症などそう怖くはないのですが・・・

血液顕微鏡

糖尿病という病気、血糖値が高くなることで、
免疫機能の低下、血流が悪くなることで細菌や
ウイルスからの感染を阻止しにくくなるなど、
治す力の低下etc・・・

今回、調べてみて感じたことは、血糖値の
コントロールに務め、糖尿病の改善を図り
ながら、おこりえる病を知り予防に細心の
注意を払っていくしかないということです。

日頃かの健康管理には手抜きをしないで
くださいませ。

スポンサーリンク

2016-07-07 糖尿病を発症したら感染症予防に細心の注意を はコメントを受け付けていません。 病気のあれこれ